おすすめアイテム更新中 こちら

注文住宅の建物の配置計画。まずは、駐車場と庭から決めましょう!

\ 無料で間取りを作成する /

建物の配置計画ってどうやってするの?

建物、駐車場、庭のうち、駐車場と庭の配置が決まらなければ建物の配置も決められません。

狭い敷地では、駐車場は道路と接する場所に配置するのが原則です。

庭は建物に光や風を呼び込む場所なので、どのくらいの広さを確保するかを決めなければなりません。

今回は、駐車場、庭、建物の配置計画についてご紹介します。

\ 限定クーポン配布中 /

目次

駐車場の配置

駐車場スペースを計画するときには「駐車は後退、発車は前進」を基本に考え、車の周囲の幅と安全を十分確保しましょう。

駐車スペースには、人が出入りできるスペースや荷物を出し入れするスペースがなければなりません。

車の長さ+450~600mm、車の幅+750~900mmのスペースが目安です。

中型車のサイズを長さ4,500mm×幅1,750mmとすると直角駐車は5,000mm×2,500mm、縦列駐車は2,500mm×7,000mmのスペースが必要です。

駐車場の注意点
  • 玄関ポーチにぶつからないように、ポーチの位置も想定しておく
  • 玄関ドアをふさいでしまうので、玄関の真横には配置しない
  • 道路側にドアがはみ出さない
  • 眺望を台無しにするのでリビング前には配置しない
  • 歩くスペースを確認する
  • 壁を一部開いておく
  • 建物を切り欠くのは最終手段。

庭の配置

方角に関わらず、余白が広く取れる場所に配置します。

北側に道路がある場合は、庭は敷地の南側に配置します。

建物の配置

道路が南側にある場合は、建物は北側に寄せて配置します。リビングをふさがないように直角駐車します。

道路が北側にある場合でも、建物は北側に寄せて配置します。道路側に縦列駐車します。

道路が東西側にある場合は、道路側を開けて、道路から遠い位置に建物を配置します。西日に注意しましょう。

隣の家からどれだけ離すのか

建物を配置するときは、隣の家からどのくらい離せばいいのでしょうか。

50cm離す

民法で定められている隣の家との最小距離は50cmです。

かに歩きでなければ歩行困難です。各種メーターは取り付けることができますが、工事用の足場がギリギリ組める寸法です。

75cm離す

普通に歩ける幅です。採光窓を設けるには厳しいですが、換気窓や室外機を設置できます。

100cm離す

自転車を押しながら歩ける幅です。薄型の物置やヒートポンプ式給湯器、プロパンガスも設置できます。

150cm離す

玄関までのアプローチを設けられます。1階の窓を採光用として使用できます。

家の中の配置は表側から決める

南側で日が入る場所、庭に面して景色のよい場所など建物の表側に「リビング」「ダイニング」を割り振りましょう。

表側の配置が決まれば、裏側が決まります。

裏側には、トイレ、洗面室、浴室などの水まわりの設備を配置しましょう。

水まわりに付随する給湯器、桝類、各種メーター類なども裏側に設置すると、外観がすっきりします。

2階のリビング

周りを建物に取り囲まれた都市部の狭い敷地では、隣の家との距離を離せないことも多いです。

そのような敷地では、1階は日当たりが悪く、リビングが暗くなりがちなので、2階にリビングを配置することもあります。

  • 日当たり・明るさ
  • 耐震
  • プライバシー・防犯
  • 床・壁・天井に木を張れる
  • リビング前で庭いじりができない
  • 上下運動がつらい

注文住宅の建物の配置計画。まずは、駐車場と庭から決めましょう!まとめ

いかがでしたか?今回は、駐車場、庭、建物の配置計画についてご紹介しました。ご参考になれば幸いです。

土地探しについては、以下の記事をご覧ください。

▶タウンライフ家づくりで土地探し

▶タウンライフ家づくりで間取り作成

\ 限定クーポン配布中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

シンプルライフ、丁寧に暮らしに憧れる30代主婦。
家づくり、暮らしに役立つ情報やおすすめ商品の口コミ、レビューをご紹介しています。

目次