おすすめアイテム更新中 こちら

注文住宅で作ってよかった収納7選。寸法や平面図を公開します!

作ってよかった収納は?

収納の寸法を知りたい。

収納の平面図が見たい。

そんな方のために書きました。

今回は、注文住宅で作ってよかった収納7選。寸法や平面図を公開します!

目次

注文住宅で作ってよかった収納7選。寸法や平面図を公開します!

上の写真は、我が家の1階の平面図を簡単に書いたものです。

我が家は5人家族なので、収納は多めに作りました。

その中でも、作ってよかった収納は以下の7つです。

  • パントリー
  • キッチン前面収納
  • リビング収納
  • 脱衣所収納
  • ランドリー収納
  • シューズクローク
  • コートクローク

ひとつずつご紹介していきます。

パントリー

我が家のパントリーは、通り抜けできるウォークスルータイプのパントリー

2種類の棚板を6枚組み合わせた可動式のパントリーです。

写真の左側の棚板の寸法は137.5×30cm、右側の棚板の寸法は88.8×30cmです。

天井高は240cmです。

パントリーについては、以下の記事に詳しくまとめていますのでご覧ください。

キッチン前面収納

我が家のキッチンは、タカラスタンダードのオフェリアです。

オプションで、ダイニング側に前面収納をつけました。

前面収納の寸法は約82×66×27.5cmで、同じ寸法の収納が3つあります。

これは、本当につけて正解でした。

文具や書類など、何かと散らかりがちなキッチン周辺がすっきりします。

キッチンについては、以下の記事に詳しくまとめていますのでご覧ください。

リビング収納

階段下のスペースを活用して、リビング収納を設けました。

収納スペースの高さは、200cmです。

棚板の寸法は、約42×55cmです。

こちらも可動棚にしたので、好きな高さに合わせて使えます。

リビング収納の中には、コンセントもつけたので使い勝手が最高です。

我が家では、プリンターやBlu-rayレコーダー、通信機器、掃除機などを置いています。

この収納のおかげで、ケーブルのごちゃごちゃもすっきりです。

コンセントについては、以下の記事に詳しくまとめていますのでご覧ください。

脱衣所収納

脱衣室にも、収納スペースを設けました。

脱衣所収納も可動棚で、棚板の寸法は約99×45cmです。

天井の高さは240cm

棚には、タオルやお風呂グッズ、洗濯用品などを置いています。

棚の下のスペースにはランドリーワゴンを置いて、ぽいぽい洗濯物を入れられるようにしています。

すぐ左には洗濯機を置いているので、家事動線もバッチリです。

ランドリー収納

ランドリールームにカウンターを造作してもらい、下の部分は収納スペースにしました。

カウンターの寸法は、約150×80×45cmです。

こちらは、固定棚です。

我が家では洗濯物をすぐにしまえるように、収納ケースを入れて使っています。

ここで洗濯が完結するので、圧倒的に家事がラクになりました。

洗濯物を運ぶ手間がないのって、最高ですね。

ランドリールームについては、以下の記事に詳しくまとめていますのでご覧ください。

シューズクローク

我が家のシューズクロークは、玄関からそのまま入れて室内へと通り抜けできるウォークスルータイプのシューズクローク

玄関からも室内側からもモノの出し入れができるので、ストレスフリーです。

シューズクロークの収納棚として、南海プライウッドのエノーク2を採用しました。

汚れが目立ちにくいように、カラーにもこだわった決めた可動棚です。

左側の棚の寸法は、約198×54.3×30cm、右側の棚の寸法は、約198×84×30cmです。

コートクローク

シューズクロークの反対側には、コートやカバン、帽子などの荷物を置けるコートクロークをつくりました。

シューズクロークと同じ南海プライウッドのエノーク2です。

コートクロークの寸法は、約198×94×30cmです。

子どものランドセルや幼稚園グッズ、習い事のものなどもこちらに置けます。

とにかく便利すぎる!!!

採用してよかった玄関まわりの住宅設備・仕様については、以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

注文住宅で作ってよかった収納7選。寸法や平面図を公開します!まとめ

今回は、注文住宅で作ってよかった収納7選。寸法や平面図を公開しました。

  • パントリー
  • キッチン前面収納
  • リビング収納
  • 脱衣所収納
  • ランドリー収納
  • シューズクローク
  • コートクローク

生活の質を上げてくれる7つの収納はどれも作ってよかったです。

ただ、たくさんあればいいというわけではなく、使う場所に必要な収納があると使いやすくて快適ですよ。

生活動線をイメージして、収納を決めていくのがベストですね。

これから家づくりされる方は、収納についてぜひ検討してみてくださいね。

注文住宅の失敗しない収納については、以下の記事にまとめています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

汚部屋出身の整理収納アドバイザー。
3人の子どもを育てている母です。

快適な家づくりや簡単にできる収納・掃除、暮らしを豊かにするアイデアをご紹介します。

目次