おすすめアイテム更新中 こちら

コロナ禍で賃貸から新築一戸建てを購入しようと決めた3つの理由。

\ 間取りを無料で作成する /

こんにちは。長年、賃貸暮らしをしているゆっかです。

私は生まれてこの方、賃貸暮らしの人生を歩んできました。

結婚してからも子どもが生まれてからもずっと賃貸。

昔から持ち家への憧れがあり、いつかは自分の家が欲しいと思っていました。

コロナ禍で家を建てるのはリスクが大きいのでは?今はウッドショックの影響もあるから、やめておいた方がいいのでは?などの意見もありますが、この度、我が家は新築一戸建ての購入を考えております。

今回は、コロナ禍で賃貸から新築一戸建てを購入しようと決めた3つの理由をご紹介します。

目次

コロナ禍で賃貸から新築一戸建てを購入しようと決めた3つの理由

私の実家は持ち家ではなく賃貸で、結婚してからも子どもが生まれてからもずっと賃貸暮らしです。

賃貸暮らししかしたことのない私が、新築一戸建てを購入しようと決めた3つの理由は以下のとおりです。

  • ライフスタイルの変化
  • 快適な暮らしをしたい
  • 賃貸料がもったいない

ライフスタイルの変化

結婚してからずっと専業主婦の私ですが、子どもを授かるまではパートをするつもりでいました。

  • 駅が徒歩圏内にあること
  • スーパーや飲食店が近くにある

とにかく利便性が最優先で、現在の賃貸マンション(2LDK)を選びました。

夫の職場では賃貸暮らしだと住宅手当が支給されるので、新婚当初から賃貸一択でした。

結婚して4年で3人の子どもが生まれて、生活は激変しました。

まず、授かったのは男の子3人、想像以上に賑やかです。

毎日の騒音、本当に申し訳ないです。。。

三男が1歳になって歩き始めてからは、騒音はさらにエスカレートし…ついに下の階の住人から苦情がきました。

心から申し訳ないです。。。

必要に迫られ、私たちは住宅について真剣に考えるようになりました。

5人家族2LDK賃貸マンションの暮らしの中で、現在私が感じていることは以下のとおりです。

  • そもそも部屋が足りない
  • 家で走り回る子どもに何度も注意するストレス
  • 男の子3人はさらに騒がしくなる見込み
  • コロナ禍でおうち時間が増えて苦痛
  • のびのび育てることは困難

これらのこと踏まえて、我が家は家族会議を重ね、以下のように考えました。

  • 戸建てだったらのびのび子育てできる?
  • お庭でBBQしたり、おうちキャンプを楽しみたい
  • 長男が入学するまでに子ども部屋を与えたい
  • 最低でも4部屋は欲しい

快適な暮らしをしたい

5人家族2LDK賃貸マンションの暮らしの中で感じるデメリットは、以下のとおりです。

  • エレベーターに乗らなければならない
  • 駐車場が遠い
  • キッチンが狭すぎる
  • 騒音を気にしなければならない

大人だけなら気にならなかったのですが、小さな子どもが3人いるとエレベーターに乗ること駐車場まで移動することだけでも大変に感じます。

最も大変なのは、買い物などで荷物が多いときです。

車から降りて駐車場と自宅を何度も往復して(しかもエレベーターで)荷物を運ばなければなりません。

家族が増えるにつれ、料理を作る量もどんどん増えていくのですが、2LDKの賃貸マンションのキッチンでは狭すぎるので作業効率が非常に悪いです。

騒音問題は集合住宅に住んでいる小さな子どものいる家庭では、避けて通れない問題ですよね。

これらのこと踏まえて、私たちは以下のように考えました。

  • 戸建てだったら駐車場は家の目の前で便利
  • キッチンは賃貸よりは広い
  • マンションほど騒音を気にしなくていい

賃貸料がもったいない

新築一戸建てを購入しようと決めるまでは、住宅手当が支給されることのメリットが大きいと感じていました。

現在の賃貸マンションに住み始めた2014年7月から2021年7月までの7年間に支払った賃貸料を計算してみました。

5.5万円×12ヶ月×7年=462万円
住宅手当を差し引いた額

462万円もあったら……なんて考えてしまいますが。

新築一戸建てを購入しようと決めてからは、この賃貸料がもったいないと感じるようになりました。

実際に賃貸マンションに住んでみたから気づいたことや感じたこともたくさんあるので、決して無駄ではなかったと思います。

悩んで悩んで、家族会議もして、我が家は新築一戸建てを購入しようと決めました!

コロナ禍で賃貸から新築一戸建てを購入しようと決めた3つの理由。まとめ

今回は、コロナ禍で賃貸から新築一戸建てを購入しようと決めた3つの理由をご紹介しました。

コロナやウッドショックを理由に、新築一戸建ての購入を延期したほうがいいのでは?という意見もありますが、その間も今抱えている問題やストレスは続きますし、賃貸料はずっと支払い続けなければなりません。

最悪の場合は、気に入った物件を逃してしまったり、土地の地価が上がってしまうということもあり得ますよね。

そう考えると、我が家にとっては、戸建てが必要だと感じる今がベストなタイミングなのだと思います。

コロナ禍・ウッドショックで家づくりに影響したことを以下の記事にまとめています。

家づくりのチェックリストを以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

\ 間取りを無料で作成する /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

シンプルライフ、丁寧に暮らしに憧れる30代主婦。
家づくり、暮らしに役立つ情報やおすすめ商品の口コミ、レビューをご紹介しています。

目次