おすすめアイテム更新中 こちら

【こだわりの階段】形や高さ、踏み面は何センチ?平面図も公開します!

階段のかたちや高さ、踏み面の寸法を知りたい。

注文住宅・家づくりで階段のかたちや高さ、踏み面の寸法についてどうするか悩んでいませんか?

我が家も同じように悩んでいました。

階段については、適当に決めてしまって後悔した、こうすればよかった……という話も多いです。

階段は毎日使う場所で、さらに家の印象にも関わってくるので、できる限り後悔したくないですね。

今回は、悩んで決めた我が家のこだわりの階段をご紹介します。

目次

階段の高さ、踏み面は何センチ?

階段の一般的な寸法は、建築基準法で定められています。

建築基準法によると、一般住宅の場合の階段寸法は蹴上23cm以下、踏面15cm以上、階段と踊り場の幅75cm以上と決められています。

https://www.lixil.co.jp/square/articles/014/

我が家の階段寸法は、蹴上207.69mm、踏み面210mm、有効幅は750mm以上です。

我が家の階段寸法で、特に不便を感じたことはありません。

階段の形

おしゃれな階段って、憧れますよね。

長い階段、スケルトン階段……スタイリッシュな階段は、見ているだけでも本当に素敵です。

我が家は家づくりの段階で、小さな子どもが3人いることや自分たちが年老いたときのことを考えました。

じっくりと考えた結果、やはり長い階段やスケルトン階段は怖いと思ったので、ボックス階段にしました。

階段の2段分は、踊り場にしました。

以前、子どもが階段で滑ってしまったときに、この踊り場があったおかげで、下まで転がり落ちずに済んだ経験があります。

このときに、踊り場階段にしてよかったなと思いました。

もし、踊り場がなかったらどうなっていたことか、と考えるとぞっとします……。

おしゃれさは欠けてしまうボックス階段ですが、手すりをアイアンにしたので、少しはおしゃれに見えます!

階段下に貴重な収納スペースを確保できるのも、ありがたいポイント。

我が家の間取りの場合は、階段に窓はありませんが、近くに窓があるので日中は明るいです。

掃除が大変になるので、階段に窓はいらないという話もよく聞きますね。

階段の種類やタイプについては、以下の記事をご覧ください。

階段の平面図

こちらは、我が家の階段の平面図です。

階段は、踊り場を含めて12段あります。

これから家づくりされる方のご参考になれば、嬉しいです。

【こだわりの階段】形や高さ、踏み面は何センチ?平面図も公開します!まとめ

いかがでしたか?

今回は、【こだわりの階段】形や高さ、踏み面は何センチ?平面図をご紹介しました。

階段は毎日使う場所で、家の印象が決まるので、できる限り後悔したくないですね。

階段について、じっくりと検討してみてください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

汚部屋出身の整理収納アドバイザー。
3人の子どもを育てている母です。

快適な家づくりや簡単にできる収納・掃除、暮らしを豊かにするアイデアをご紹介します。

目次