おすすめアイテム更新中 こちら

外構のやってよかった&こうすればよかった7選!デザインやレイアウトも公開!

外構まで気が回らないから、外構はおまかせで…と思っていませんか?

外構は、意外といろんな人から見られています。

せっかくのマイホームなので、外構までこだわっておしゃれにしちゃいましょう。

我が家の外構を見たお客様から「かわいい」「素敵」と褒められるたびに、こだわってよかったなと思います。

おうちに帰ってきたときに、お気に入りの外構が迎えてくれるっていいですよね。

今回は、我が家の外構でやってよかったことや後悔ポイント、デザインやレイアウトもご紹介します。

目次

外構のやってよかった5選!デザインやレイアウトも公開!

家づくりをされている方は、どんなお家を建てて、どんな外構にしたいですか?

洋風、北欧風、スタイリッシュ、可愛いなど、それぞれお好きなイメージがあると思います。

我が家が目指した外構のイメージは、北欧風のおしゃれな外構です。

こだわったことは以下のとおりです。

  • 玄関ポーチのタイル
  • ポスト
  • 門柱・立水栓
  • ウッドデッキ
  • 外構のレイアウト

さっそくご紹介していきます。

玄関ポーチのタイル

外構の印象を決めるといっても過言ではない、玄関ポーチ。

玄関ポーチの床タイルは、平田タイルのピエドゥラにしました。

おしゃれな玄関ポーチを作る方法については、以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

ポスト・門柱

外構のアクセントになるポストは、こだわりました。

ポストはSNSで人気のボビカーゴです。

家づくりを始めたときから、ポストはボビカーゴがいいと思っていたので、満足しています。

さらに、門柱にもこだわりました。

門柱はユニソンのレンガを使ったレンガ門柱にしました。

統一感を出すために、外観に合うようなカラーを選びました。

ウッドデッキ

ウッドデッキは、つけるかどうか最後まで迷ったのですが、つけてよかったです。

YKKapのリウッドデッキを採用しました。

ウッドデッキがないよりある方が、外観に高級感が出ます。

人工木のウッドデッキを採用したので、お手入れが楽ですよ。

季節の良い時期は、ウッドデッキで食事を楽しんだり、お庭でのんびりできたりと今のところメリットしか感じません。

立水栓

外構で忘れがちなのが、水道です。

標準の水道にしてしまって後悔しているという声も多いです。

我が家が選んだ水道は、ユニソンのネオキャスティです。

「どんなときに使うかな?」と使い道を考えて、立水栓にしました。

おしゃれな立水栓にすると外構のイメージがぐっと素敵になります。

立水栓については、以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

外構のレイアウト

今回ご紹介した外構のレイアウト、デザインは施工例のひとつとしてご参考にされてください。

将来的にガーデニングなどをしたいので、お庭は砂です。

駐車場は、コンクリートにしています。

標準は砂利目地でしたが、メンテナンスのことを考えてピンコロ目地にしました。

駐車場については、以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

外構のこうすればよかった2選!

ここから先は、こうすればよかったと思うことを2つご紹介します。

  • 外構費用を安くしたかった
  • 見積もり比較すればよかった

ご説明していきます。

外構費用を安くしたかった

外構費用はいくら?

我が家の外構費用は、220万円です。

外構は、最低限でお願いします!

人工芝や砂利などの施工も諦めましたが、この金額でした。

我が家の場合は、外構まで終わってから引き渡しするという契約になっていたので、これ以上安くすることはできませんでした。

最低限でお願いしても、220万です。

これが現実です。

見積もり比較すればよかった

外構は、おうちに入居したあとからでも十分だと感じます。

外構で「こうすればよかった」と思うことは、他社と見積もり比較したかったということです。

外構費用をもう少し安くできたかなぁ…

外構費用は、なるべく金額を抑えたいという方も多いのではないでしょうか?

我が家も同じで、外構費用を少しでも抑えたかったです。

外構費用をなるべく安くしたい方には、無料の外構の見積もり比較がおすすめです。

外構のやってよかった&こうすればよかった7選!デザインやレイアウトも公開!まとめ

今回は、我が家の外構でやってよかったことや後悔ポイント、デザインやレイアウトもご紹介しました。

外構は、意外と見られています。

せっかくのマイホームなので、おしゃれな外構にしたいですね。

そのうえで、外構費用を少しでもお安くすることも検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

汚部屋出身の整理収納アドバイザー。
3人の子どもを育てている母です。

快適な家づくりや簡単にできる収納・掃除、暮らしを豊かにするアイデアをご紹介します。

目次