楽天ROOMおすすめインテリアはこちら click

チャイルドシートはどこで売ってる?人気ランキング・口コミもご紹介

チャイルドシートの種類や選び方がわからない。

人気のチャイルドシートを知りたい。

そんな方のために、今回はチャイルドシートの種類や選び方、人気のチャイルドシート、口コミをご紹介します!

この記事でわかること
  • チャイルドシートの種類と選び方
  • 人気のチャイルドシート
目次

チャイルドシートはどこで売っているか

チャイルドシートは、ベビー用品店やネット通販で購入できます。

ベビー用品店
  • 赤ちゃん本舗
  • ベビーザらス
  • 西松屋

チャイルドシートの選び方・種類

赤ちゃんや6歳未満の子どもと車でお出かけする場合、チャイルドシートは必需品です。

チャイルドシートの選び方や種類を理解した上で購入しましょう。

チャイルドシートの種類

ベビーシート(乳児用)チャイルドシート(幼児用)ジュニアシート(学童用)
対象年齢新生児から1歳頃まで1~4歳頃まで4~11歳頃まで
身長体重身長:70cm以下
体重:10~13kgまで
身長:65~100cm以下
体重:9~18kgまで
身長:145cm以下
体重:15~36kgまで

取り付け方法

シートベルト:ほぼ全ての車種に取り付け可能

ISOFIX(アイソフィックス):2012年7月以降の車に装備されていて、シートベルトを使わずに簡単に設置可能

機能・性能・安全性

  • クッション性があるもの
  • 蒸れにくい通気性の良いもの
  • カバーを外して洗濯できるもの
  • Eマーク付きの製品
  • 回転式かどうか

回転式のチャイルドシートは乗せ降ろしが楽にできるから便利!

チャイルドシート人気ランキング3選!

ここからは、チャイルドシートの種類や選び方のポイントを踏まえて、人気のチャイルドシートをご紹介します。

ベビーシート(乳児用):Joie(ジョイー)Arc 360°

  • ISO-FIX対応
  • 超コンパクトサイズ
  • 快適エアホール、メッシュ生地(3Dメッシュ)で通気性抜群
  • ヘッドレスト6段階調節可能(肩ベルトの高さも同時に変わります)
  • インナークッション標準装備(新生児~6ヶ月頃までのお子様に使用)
  • リクライニング5段階調節可能
  • 本体シート・パッド類は取り外して手洗いOK
  • 安全基準:ECE R44

Joie(ジョイー)Arc 360°の口コミをご紹介します。

ISOFIXで回転式でこの価格!

クオリティも高いので、選んでよかった。

チャイルドシート(幼児用):コンビ ジョイトリップ エアスルー

  • 3Dメッシュシートと本体エアゲートで高い通気性と快適性
  • 座り心地よく快適
  • リクライニングは約95°~110°まで
  • コンパクト設計
  • シートも洗濯機で丸洗いできる
  • ドリンクホルダー付き

コンビ ジョイトリップ エアスルーの口コミをご紹介します。

いろいろ見たが、やはりコンビが良い。

リクライニング機能があるのが良い。

ジュニアシート(学童用):リーマン ジュニア コレット

通気性のいい立体メッシュ生地、ウレタンクッション、PE発泡材の三層クッションのリーマン ジュニア コレット。シートベルトが外れにくい、深いフック形状になっています。車のシートを傷つけにくいフラットなかたちです。

コスパが良く、我が家でも使っています!

リーマン ジュニア コレットの口コミをご紹介します。

軽量でカバーを簡単に外すことができ、洗える。

本体もプラスチックなので洗える。

おもらしされても、簡単にきれいにできる。

チャイルドシートはどこで売ってる?人気ランキング・口コミもご紹介 まとめ

いかがでしたか?今回はチャイルドシートの種類や選び方、人気のチャイルドシート、口コミをご紹介しました。ご参考になれば幸いです。

妊娠中の方や出産後の方必見!こどもちゃれんじの資料請求で全員無料プレゼントキャンペーン実施中です。

以下の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください!

こどもちゃれんじのレビューは以下の記事にまとめています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

シンプルライフ、丁寧に暮らしに憧れる30代主婦。
家づくり、暮らしに役立つ情報やおすすめ商品の口コミ、レビューをご紹介しています。

目次
閉じる