楽天ROOMおすすめインテリアはこちら click

お風呂(バスルーム)の選び方。向きや寸法、サイズ、窓はどうする?

\ 無料で間取りを作成する /

一日の疲れを癒すリラックス空間ともいえるお風呂(バスルーム)。どんな空間にしたいですか?

暮らしにぴったりのバスルームを作りましょう。

本記事の内容
  • バスルームの寸法、サイズ
  • バスルームの窓
  • バスルームの選び方

\ 限定クーポン配布中 /

目次

理想のバスルームを考える

バスルームの不満の第一位は「寒い」、逆に満足していることの第一位は「あたたかい」です。

バスルームがあたたかい空間であれば快適ですね。

つけておけばよかったと思うアイテムは「換気乾燥暖房機」だそうです。

その他にも、掃除がしやすい、浴槽の入り心地がよい、デザインがよい、広いなど、なるべく快適なものにしたいですね。

バスルームの寸法、サイズ

お風呂の広さは、0.75、1、1.25、1.5坪の4種類があります。

  • 0.75坪:1317、1316、1217、1216
  • 1坪:1717、1616、1818、1618
  • 1.25坪:1621
  • 1.5坪:1624、1623

4桁の数字は、浴室の中に設置するユニットバスの大きさを表しています。

(例)1317なら、横幅1300mm×奥行き1700mmのユニットバス

特に人気があるのは1616と1620です。

1坪は、1人での入浴には十分なサイズですが、親子など複数人で入浴するには少し手狭です。

1.25坪あると、子どもとの入浴や介護に便利です。

HM標準のバスルームが1坪1717なので、1717を採用します。

バスルームの配置

バスルームの配置は、南側が理想的ですが、敷地の問題で難しいことが多いです。

風通しをよくして、しっかりと湿気対策をしましょう。

リビングのある1階に配置する場合、キッチンや水まわりを集約でき、家事の効率が良くなります。

ベッドルームのある2階に配置する場合、プライベートを確保できます。

我が家は1階の北側の家事動線に配置します。

バスルームの向き

バスルームの向きについて考えてみましょう。

  1. 入り口が左側、正面が洗い場、右側が浴槽
  2. 入り口が左側、右側が洗い場、正面に横向きの浴槽
  3. 入り口が右側、正面が洗い場、左側が浴槽
  4. 入り口が右側、左側が洗い場、正面に横向きの浴槽

利き手や使い勝手をイメージしてみましょう。

我が家はHM標準の③です。

バスルームの窓

バスルームの窓はつけますか?戸建住宅のお風呂といえば、窓のあるバスルームですよね。

「窓をつけたけれど、全く開けなかった」「窓の掃除が大変」という意見もあれば、「窓は換気のために必要」「暗いバスルームは嫌だ」という意見もあります。

我が家は、窓はつけないことにしました。

システムバスルームとは

システムバスルームは様々なパーツを選ぶことができます。

パーツは以下のとおりです。

  • 照明
  • シャワー
  • ミラー
  • 浴槽
  • 収納
  • ドア
  • 水栓
  • カウンター

お風呂のお悩み

お風呂のお悩みや要望は人それぞれです。

  • お風呂掃除が大変
  • お風呂が寒い・お湯がすぐに冷めてしまう
  • お風呂でリラックスしたい
  • 入浴時間を充実させたい
  • 光熱費を節約したい
  • 老後でも安心して使いたい
  • お湯がなかなか出てこない

一つずつ、ご説明します。

お風呂掃除が大変

お風呂掃除は大変なので、少しでも負担を減らしたいですよね。

掃除が大変なところ
  • 排水口
  • カウンターの下
  • ドアの通気口

素材や形をうまく選んで、掃除しやすく、キレイが持続できるお風呂にしましょう。

お風呂が寒い・お湯がすぐ冷めてしまう

冬場のお風呂は寒いですね。

お風呂は高齢者や血圧の高い方にとっては、急激な温度差による血圧の乱高下「ヒートショック」が起こりやすい空間でもあります。

お湯をはったら、できるだけ長く保温できて、家族みんなが入っても冷めにくいお風呂が理想ですね。

  • お湯が冷めにくい浴槽
  • 冷たさを感じにくい床
  • 換気乾燥暖房機

お風呂でリラックスしたい

浴槽サイズの5cm、10cmの違いは意外と大きな違いなので、ショールームで体感してみましょう。

ユニットバスルームは浴槽、壁、床、照明などを自分のカラー・素材へカスタマイズできます。

最新機能も加えて、ゆったりリラックスのできる空間を作って楽しみましょう。

シャワー派の人はシャワーヘッドをこだわってみましょう。

入浴時間を充実させたい

バスオーディオや浴室テレビ、照明機能を使えば、お風呂場が家族のリラックス空間になります。

光熱費を節約したい

エコ・省エネ設計の機能を選びましょう。

  • プッシュ水栓
  • 節水効果のあるシャワーを選ぶ

老後も安心して使いたい

小さな子どもはもちろん、老後も安心して使えるバスルームについて考えてみましょう。

  • 水はけのよい滑りにくい床
  • 浴室暖房をつける
  • 広い開口
  • 小さな段差
  • 引き戸
  • またぎやすい浴槽
  • グリップ、手すり

お湯がなかなか出てこない

お風呂だけでなく洗面室やキッチンにも言えることですが、給湯器と水栓までの距離が長いと、お湯が出るまでじっと待っていなければなりません。

お湯を作る給湯器から水栓までの距離は短い方が良いです。

水まわりは固めて配置しましょう。

水まわりを固めて配置することが難しい場合は、もう一つサブの給湯器を設けるという方法もあります。

お風呂(バスルーム)の選び方。向きや寸法、サイズ、窓はどうする?まとめ

いかがでしたか?お風呂(バスルーム)の選び方。向きや寸法、サイズ、窓についてご紹介しました。

快適なお風呂(バスルーム)を作りたいですね。

\ 無料で間取りを作成する /

\ 限定クーポン配布中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

シンプルライフ、丁寧に暮らしに憧れる30代主婦。
家づくり、暮らしに役立つ情報やおすすめ商品の口コミ、レビューをご紹介しています。

目次
閉じる